2011年03月07日

ゴルフは面白い?

俺の周りの仲間たちがゴルフを始め出した。


今の子どもたちはゴルフといって連想するのは、爽やかな石川遼くん。


将来は憧れの遼くんみたいになりたいってゴルフを始める子どもも多いんじゃないだろうか。




俺の世代にゴルフといって連想するのは


「ジャンボ尾崎」という、

いかついオッサンであった。


2007-04-17.gif


ジャンボ尾崎に関しては間違いなく憧れる対象ではなかった。(ジャンボ鶴田には身もだえするほど憧れたが・・・・)



さて、俺はその頃からジャンボ尾崎のおかげでゴルフに対するネガティブな感覚を持ってた。


当時、「オッサンの法則」という持論を持っていて男が「兄さん」から「オッサン」に変わる境界は「耳の裏から出る加齢臭」と「傘でゴルフのスイングをはじめた瞬間」だと思っていた。


いつまでも「お兄さん」でいたい俺としては同じ年の仲間が、おもむろに駅や信号待ちでゴルフの空スイングをやりだしてるのを見るにつけ、否が応でも「俺もオッサンになってる・・・」と気づかされるのである。


しかも、最近はやたらとゴルフに誘われるのである。


「ゴルフはやらないんで・・・・」って断ると、憐れむような目で「その歳でゴルフの一つもしなくちゃダメだね〜」って蔑まされているのだ。



オッサンになるってことを置いても、まずゴルフという競技に面白みを感じない。


ボールを打って、歩き回って、最後にボ―ルを穴の中に入れるだけの競技のどこが楽しいだろうか?


ってことを仲間に話すと、仲間は「ボーリングみたいなもんで楽しいぞ」って言ってくれるんだけど、





そもそもボーリングでさえ嫌い。

ボール投げてピン倒すだけで全然楽しくないのである。



仲間はさらに言う。

「接待は基本はゴルフやで、会話もゴルフ。ゴルフの一つもしないと仕事ができない奴って思われるで」


たしかにそうである。


20代の頃はまったくなかったが、30代になってからは「ゴルフやってるか?」って聞かれる機会が非常に多くなった。



ゴルフを接待に、大人の社交にしたのはどこのどいつだ!と言いたい。



できればゴルフではなく俺の趣味が今後の接待に活用できるよう、今から世の中を変えていくことは可能だろうか。


シュミレーションしてみた。



★映画鑑賞接待★

取引先部長と2時間ずっと無言で映画鑑賞。

映画内容の見識の違いで大ゲンカ。接待失敗。


★漫画喫茶接待★

現地集合、それぞれ個室で4時間くらい読んで、現地解散。

顔さえ覚えてもらえない→接待失敗。



★格闘技鑑賞・プロレス接待★

プロレス観戦後、なかなか首を縦に振らない部長に
ドラゴンスクリュー→部長全治2か月で接待失敗。


★釣り接待★

「部長、大きな魚を釣りましたね!ここはひとつ、大きな仕事も俺と釣ってみましょうよ♪」

なかなか釣り接待は使えそうだが、ボウズの時を考えると非常に気まずい一日になりそうだ。



う〜ん・・・素直にゴルフを覚えるのがいいのかもしれん。















posted by ぺっくん at 23:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそも接待似合わんw
Posted by そんう at 2011年03月08日 16:32
じゃー、俺に接待してくださいよww
Posted by ぺっくん at 2011年03月08日 21:48
お久しぶり〜♪
大人の社交=ゴルフと言う風潮、何とかならんものかねぇ(笑)
やり出せば案外ハマるかもしれないけど、打ちっぱなしに行って、アイアンで打ってスライス、フックばっかりで真っ直ぐに飛ばないから、もういいやって投げ出しました(爆)
今度、ソフトボールの接待をするから、良ければ参加して〜!
Posted by はんくん at 2011年07月05日 05:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。