2010年12月21日

毎日が何かしらの記念日。

クリスマスというビッグイベントが控えてて浮足立ってる人が多いんじゃないだろうか?


デートコースを考えたり、プレゼントを用意したり、美味しい店を探したり・・・


クリスマス、お正月という記念日が近づくとなんかソワソワしてしまう。


しかーし!

記念日ってクリスマスや元旦、祝日などのメジャーな記念日だけじゃなくて





実は365日、毎日が何かしらの記念日らしい。





例えば今日(12/21)は「遠距離恋愛の日」だそうだ。


ほんで、3/1は『豚の日』、6/24は『UFOの日』、8/25は『歯茎の日』、4/11は『ガッツポーズの日』、6/24『UFOの日』、10/11は『ウインクの日』・・・・とにかく毎日が何かしらの記念日だという。
・・・・


そんな中、
















2/19 プロレスの日


7/30 プロレス記念日



年間、2つの記念日がプロレスがらみなんで、ちょっと嬉しかったりする。




さて、何が言いたいかって言うと、毎日が何かしらの記念日なのにクリスマスばっかに浮足立って不公平だと言いたい。


そこで、俺はせっかく毎日が何かの記念日なんだら、その記念日に合わせて分け隔てなく浮足立とうと思う。


その日が「ブタの日」ならばブタを食いまくるし、日毎に変わる記念日によってはところかまわず「ウインク」や「ガッツポーズ」もしまくるぞ。


さっそく明日から、浮足立ってみようと思う。



明日の記念日はっと♪



















12月22日 シーラカンスの日


sss.gif


こいつ、たしか7500万年前に絶滅しとるよな?


さーて・・・・どう浮足立とうかな・・・・





posted by ぺっくん at 14:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

辛い・・・

この時期は何が辛いって、寒さでもなく、食欲でもなく




静電気。


もう、鉄を触るのが怖くて、怖くて仕方がない。


ドアノブも怖い、車も怖い、自動販売機も怖い。


静電気恐怖症のクセがついてしまって鉄でも無いのに触れる前は、一回ちょん!って触ってからじゃないと持てなくなってしまった。


初対面の人とかと名刺交換するときなんか、指が触れると「バチ!」って感電してしまい
俺のせいで必ず相手が「痛っ!」って顔を歪める。大変、気まずい思いをしてしまうのだ。


しかも、この「バチっ!」のたびに体内から「ビタミンC」・「カルシウム」といった体にとってありがたい成分が放出されるそうだ。



どうせ放出するなら、




中性脂肪とかコレステロールみたいな悪いのを放出してほしい




静電気体質はいろいろな原因があるのだが、総じて「不健康」な方が多いそうだ。


俺の経験上、太って血液がドロドロの人は静電気体質で体にかなりの電気をため込んでいるため危険なのである。


先日、初対面の人と名刺交換する機会を持った。

中年のオッチャンだかかなりのメタボ体系で明らかに不健康そう。間違いなく「静電気体質」の人間であることは容易に想像できた。


おそらく向こうも俺が静電気体質であることを悟っているような目だ。



お互いの間に緊張が走る。



名刺交換する際、指と指が触れないように細心の注意を払いながら






デブ二人が必要以上に丁寧な名刺交換を行った。



普通の人でさえ、感電すると「バチ!」って顔をゆがめてしまうくらい痛い。





もし、これが「静電気体質保持者」同士の感電になれば・・・・















ramu.gif

こんなことにもなりかねない。



せっかくだから俺たちの静電気保持者の電気を地球環境問題かなんかで役立ててもらって、そのかわりその分のエコポイントに交換してくれるシステムだったらいいのに・・・・


posted by ぺっくん at 06:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

身長の話

骨格の話をしたので、身長の話も。


最近の若者は背が高いと思っていたのだが、調べてみたら20歳を基準にしたデータでの日本の平均身長は以下の通りだそうだ。

男性:170cm
女性:158cm



思ったより高くないってのが感想。


実は幼稚園から小学校低学年まで俺はものすごい長身の子供だった。


クラスで整列しても頭一つ大きく、一番後ろに並んでいたし、友人たちを見下ろしていた記憶がかすかにあるのだ。


家族の誰もが「こいつは大きくなるわ」と口をそろえて驚いていたという。


幼稚園の頃の将来の夢は「プロレスラー」と卒園文集に書いていたのも、プロレス好きのハルモニが俺の夢を後方から操作していたというのだが、かわいい孫を流血上等のレスラーにしたいほど、いかに俺が大きな子どもであったことがわかる。



その頃は本当に道を歩いていても、メルモちゃんのように「あれ?俺、今伸びていってない?」って母親に何度も確認するほど急速に身長が伸びていていた。



ところが、そんな長身な俺も小学校の高学年になると縦は止まり逆に横は急速に伸びていった。



ハルモニは俺の夢をプロレスラーから








「相撲取り」に変えようとした。



それで中学・高校とも身長はほとんど伸びず、三十路に入るまでに




168cmで打ち止めとなった。


日本の平均身長より2cm低いくらいだが、ちっちゃ!ってほどでもなかったが、子供のころの成長率から鑑みても








ただの成長バブル期だった。


成長バブルがはじけて身長の伸び率が止まった時の、ハルモニの悲しい目といったら・・・



ところが、三十路も過ぎたころ、うちの連れ合いから「あんた、でかくなってない??」とふいに言われた。


普段は特に意識もしていなかったのだが、会社の健康診断の書類を引っ張り出して確認すると、31歳〜33歳の3年間で年間1cmのペースで





身長が3cm伸びていたのである。


168cm→171cm



30歳超えてからは成長ホルモンの関係で身長は伸びないと聞いていた。



「足の裏の皮が3cm分厚くなった」とか「頭蓋骨だけ縦に3cm伸びた」とか色んな仮説を連れ合いと議論していたのだがやっぱり身長が伸びてる。



身長が伸びるのはうれしい話なんだが、逆に変な病気だったらどうしようと思った。だって、年間1cm身長が伸びる病気だと、60歳には196cm。






アントニオ猪木よりデカイ老人になってしまう。



あんまり怖いんで、健康診断の時に医者に聞いてみたら「30歳過ぎても伸びる人は伸びるよ」ってあっさり言われた。



というわけで、今は日本の平均身長になったわけである。


だが、俺の遺伝子は100%朝鮮民族である。


韓国の平均身長は


男性:173cm
女性:161cm



韓国の平均では2cmくらい低い。


韓国は身長にはすごいこだわりを持ってるらしくて、大統領も西洋諸国の要人と見劣りしないよう背が高い人が求められるという話を聞いたことがあるし、芸能界も身長がかなりのネックになるそうだ。


昔の某人気5人組アイドルの公称は180cmだったけど実際は20cmくらいサバ読んでるんか??ってほど小さかったし、超人気俳優も驚くほど小さかった・・・・


ドラマ撮影とかは、女優と身長差を出すために、ラブシーンとの時は斜面のある道を選んで抱きあったり、時には御用達の台も使うほどスタッフは身長には気を使っているという。



ちなみにアメリカの平均身長は

男性が175cm
女性が162cm



アメリカに関しては男女ともに180cmくらいあると思ってたが、日本と4cmしか変わらないのね。




さて、日本の平均身長は170cmということなんだが、大河ドラマで一躍ブームとなった坂本竜馬は150年前の当時では「大男」と言われてた。


その龍馬の身長が170cm。今の平均的な身長で大男でもないのだが、一緒に殺された同士の中岡慎太郎は153cmで江戸末期の男性の平均身長は156cm。


龍馬が大男だというのも納得。


っていうか、この当時からみると今の男性も女性もみんな大男、大女になるわけで。
年々平均身長は上がっていくのだとしたら・・・・




200年後の日本人の平均身長





男性:218cm
女性:200cm









1億総、チェ・ホンマン

ph_hongman.jpg



リアル「ワンピース」の世界がやってくるのかもしれん。







posted by ぺっくん at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

骨格

外を出歩いててふと気付いたことなんだけど、最近の若い男はみんな長身でスマートになってる気がする。


現代っ子体型?平成体型?とでもいうのか、服を買いに行っても現代っ子体型に合わせたサイズのものばっかりで俺としてはちょっと困っている。


俺もいい年齢になったので、少しは小奇麗ないいスーツでも買おうと、とあるブランドショップに行ってみたのである。


そこで見た感じ気に入ったジャケットがあって試着させてもらおうと、店員さんを呼んだ。



基本はメタボなんで、ある程度は腹回りが窮屈なのは覚悟してたんだけど、そんなレベルじゃなかった。




定員さんが後ろからジャケットを持ってくれて、両腕の袖を通す時点で







ちょっとしたパロスペシャル状態


IMG_4861.gif



恥ずかしくて「もうちょっとダイエットしてから着た方がいいみたいね」って照れ隠しで店員さんに言ってみたんやけど、店員さん、苦笑いを浮かべながら一言。







「いや、ダイエットというより、これは“骨格”で無理ですね」





もう、骨格レベルで否定されたらどうしようもない。



「お前はランニングに短パンでリュック背負っておにぎりでも食っとけ!」とでも言われたような気分だった。




その若い店員さんの体型と、鏡に映った俺の体型を見比べてみる。


たしかに痩せているとかメタボとかの問題じゃなく









俺の骨格超昭和体型・・・・・



もう、梁石日さんの小説に出てくる在日一世のような骨格だもの。


頑丈だけが取り柄の。



このまま、現代っ子体型が増えてくると、若い子たちが集まるようなショップではマジで俺のような昭和の骨格が着る服は無くなっている。


いつの時代かユニクロでさえ骨格レベルで無理になったりするかもしれない。



その時は、昭和情緒溢れる天六の商店街の服屋さんが俺のメインになるだろう。

mouamerikamura.gif




看板は正確には「もう、アメリカ村に行けないんでしょ?」に変えてくれないだろうか。









posted by ぺっくん at 01:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。