2010年08月30日

鬼軍曹が逝ってしまった

また昭和の名プロレスラーが一人逝ってしまった。


鬼軍曹 山本小鉄さんである。

kotetu.jpg


力道山の最後の弟子でありアントニオ猪木が立ち上げた新日本プロレスの初期メンバーである。
星野勘太郎とタッグを組んだ「ヤマハブラザーズ」としてアメリカアットでも大暴れした名レスラーである。

新日本プロレスの道場で若手のコーチもしていた。大変、厳しい人であの前田明日が山本小鉄の車のエンジン音が聞こえるたびに震え上がったという。

反面すっごく礼儀正しくやさしい人でプロレス会場でも笑顔で気さくに握手してくれた。

山本小鉄が書いた書籍も好きで本当に読んだ。


ミスター高橋がプロレスの裏側を暴露した本を出し、「やっぱりプロレスは八百長」という風潮でも山本小鉄は真剣勝負であることを訴え「いかにプロレスラーが強いか」を力説してくれた。

八百長・真剣勝負の議論なんかどうでもいいぐらい独自のプロレス理論を持ち、プロレスラーとして強さと誇りを持っている素晴らしい人間である。

本当に素敵な発言もしてくれて。


■当時400戦無敗で格闘技最強と言われた総合格闘家ヒクソングレイシーに対して

長州力が元気な頃だったらねー、ヒクソングレイシーなんか1分と立ってられないですよ。

■プロレスラーが相手をロープに振ることに対して

あれロープは硬いんから効くんですよ。相手にダメージを与えるために振るんですよ。

ロープに振られて帰ってくるんじゃない。両者がロープの反動を利用して攻撃をするための駆け引きなんですよ。カウンターは効きますよ


■TV解説時 タイガーマスクの四次元殺法について

タイガーマスクが側転をすることで攻撃力が2倍にも3倍にもなってるんですよ。


■TV解説時“謎”のマスクマンについて

アナウンサー「ああ!“謎”のマスクマンが登場だー」
小鉄:「ああ、体大きくなったね。彼はうちの練習生ですよ」


■TV解説時 「走る格闘技」ラグビー出身のプロレスラーを評して

「だけど、ラグビーには寝技はありませんよー」



■TV解説時 腕十時固めをかけられている選手に

「技が極まって腕が真っ白になってますね!」
※中学生の船木が「腕十字は血を止める技」と思ってた。


■TV解説時 アントニオ猪木の延髄蹴りの空振りについて

「延髄蹴りはかすった方が脳が揺れて良く効くんですよ。」



本当に小鉄、大好きっ!!

山本小鉄さんの冥福をお祈りします。







posted by ぺっくん at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

はるおさん

俺は二十歳ごろから、なぜかおっちゃんの友達が多くよく遊んだり飲んだりした。


同世代の友達よりも人生経験を積んでるぶん話も本当に面白かったのである。


その面白いおっちゃん達の中でも、特に面白いというかすごい不思議な人がいて、今でも時々思い出してしまう。

そのおっちゃんを俺は「はるおさん」って呼んでた。

50歳くらいのおっちゃんで、どっからどうみても



水野晴男そっくり。
haruo.gif



あまりにもそっくりなので俺は「はるおさん」と愛着を込めてよんでいた。



見た目が水野晴男ってのですでに十分面白いんのだが、この人の面白さはその行動であった。


はるおさんの服装はだいたいビシっとスーツを着ているのだけど、頭は何故かいつも真っ赤な野球帽をかぶっていた。


晴男顔にスーツに野球帽ってだけで、ふつうの人は小一時間くらいは笑えるのだけど、この人の本当に面白いところは

















野球帽の上にタケコプターのようなプロペラがついていた。

ちょうどポンキッキーのムックみたいなプロペラである。


別に空を飛びたいわけではなさそうだが、野外にいるときは常にプロペラがグルグル回るのだ。


はるおさんは別に気にするわけでもなく普通に話しているけど、急に突風が吹いてそのプロペラがすっごい勢いで回りだすと、はるおさんは満面の笑みで






「うーん、いい風だ」
とつぶやく。


あれから10年以上経って、はるおさんとはまったく会ってないのだけど、風が強い日にははるおさんを思い出してしまう。














posted by ぺっくん at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

せみ

まだ、毎日クソ暑いが、朝に聞こえるセミの声が少なくなってきた。

セミの大合唱が減ってくると夏ももう終わりか・・・と思えてくる。

ただ、俺の子どもの頃(25年くらい前)は、今よりもっとセミがいたような気がする。やっぱ大阪も都市開発で木などの緑が減ってきたからなのかな。


連日の猛暑にセミの減少。これも環境破壊の一環なのかなと思う・・・




ただ、セミに一言いいたい。


いくら木が減ってきたからって
















semi.gif

ウチの自転車のここに止まらなアカンほど木には困ってへんやろ?




ベルの代わりに鳴いてくれるか?











posted by ぺっくん at 00:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

屋根裏にいる謎の生物

最近、うちのベランダに毎日スズメが遊びにやってくる。


チュン、チュンと聞こえる鳴き声は、一日中、早朝のような変なリズムにさせられるが作業机から見えるスズメの愛らしい姿は、ちょっとした癒しにもなる。


できれば近所のスーパーマーケットにあるツバメのように巣を作ってくれればちょっと楽しいのだが。

tubame.gif


そんな感じでスズメの訪問を楽しんでいる我が家であるが、ある日、屋根裏からコツコツコツと音が聞こえる。


「スズメって屋根裏にも入ってくるのかな?」って連れ合いと話していた。


コツコツって音が2本足のスズメの足音だと思っていたのである。


ところが、ある日コツコツコツの足音が変化した。




タッタッタッタッー




連れ合い:「ちょっと!このスズメの足音は2本足の音ちゃうで!」


2本足でない?・・ってことは・・・














yata.gif

ついに我が家にも八咫烏が!!!





次第に足音が激しさを増し


ドドドドドーーガッシャーン(何かにぶつかる音)


この音には聞き覚えがある。

幼少の頃に住んでいたボロ家の屋根裏から毎日聞こえてきたこの音は・・・















nezu.jpg

お前かっ!!!!


何を隠そう俺はネズミは苦手である。ゴキブリや蜘蛛などの害虫は大丈夫なのだけどネズミだけは身震いするほど怖い。


こうなったら、昔からネズミに詳しいある意味ネズミ駆除の専門家である


ウチのオカンにアドバイスを求めに行った。



昔、ボロ屋に住んでた頃、屋根裏に潜むネズミの気配を感じるたびに、「曲者っ!!」と言わんばかりにホウキの柄で天井を叩いていたオカンである。



ちなみにオカンもネズミは苦手である。



とりあえず、ネズミらしき音が聞こえること、対応策としてはネズミ駆除のシートはネズミが掛かった後の処理が怖いから、ネットで調べたネズミが嫌がる超音波装置の設置を検討している旨をオカンに伝える。



なんでもこの超音波装置は人間にはまったく聞こえない無害の超音波がネズミにだけダメージを与えるという優れものらしい。


最初、その道の師匠のように黙って目を瞑り俺の話を聞いていたオカンが、超音波装置の話を聞くと「カッ!」と目を見開き




「超音波装置は絶対にアカン!!」

と烈火のごとく反対した。



俺:「な、なんで超音波はあかんの・・・?」



オカンの話では、俺もまったく記憶にないのだが、俺が幼少の頃、例のボロ家にネズミ駆除用の超音波を仕掛けたことがあるらしい。




超音波装置を設置して一週間。



ネズミは相変わらず縦横無尽に屋根裏を駆け回っていたという。




その代わり・・・・・・















逆に俺たち母子は謎の目まいと頭痛でダメージを受けていた。


俺にいたっては激しく嘔吐。








オカン:「あんたは超音波に弱いねん!!」





・・・・俺は本当に霊長目ヒト科なんだろうか。




音は聞こえるもののラットサイン(ネズミの毛や足跡・フンなどの痕跡)はまったく見当たらないので、確実に「ネズミ」だといえないのが救いではある。


では、いったい屋根裏に潜む生物はなんなんだろうか・・・



どうか、どうか・・・・・・























ari.gif

アリエッティでありますように(泣)





posted by ぺっくん at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

未来の孫

夜に自宅の電話が鳴った。

携帯電話が中心なんで自宅の電話が鳴るのは、はんまに久しぶりだ。


俺:「はい、もしもし」



相手:「もちもち?」


電話の向こうから、聞き覚えの無い年のころで3、4歳の可愛らしい男の子の声が聞こえてきた。


俺:「・・・もしもし?」















相手:「もちもち・・・お爺たん?」


俺「・・・えええ??」



相手:「お爺たん、あんな〜・・」


まだ、子どももいないのに、いつの間に孫ができてしまったのか・・・



・・・もしかしたら、23世紀で生きる孫が勉強もできないスポーツもできないダメ少年。自分がダメ少年になったのは21世紀で不甲斐なく生きているお爺ちゃん(俺)の責任だと考えた未来の孫からの救い手の電話か??




遂に我が家にもドラえもんが!!!


なんてバカな想像してニヤニヤしながら幼児からの間違い電話に対応した。


未来の孫はなんやらゴニョゴニョ話している。本当にかわいい話し方だ。


きっと本当のお爺ちゃんは、孫からの電話を楽しみにしてるだろうな。早く本当のお爺ちゃんに電話させないと。


俺:「もしもし、あんな、お爺ちゃんとちゃうよ(笑)」



未来の孫「・・・お爺たん、ちゃう?・・・








そしたら誰??」




うっ!意外に難しい質問。



俺はいったい誰なんだ。


未来の孫:「なぁー誰?」



俺:「僕はねー・・・



僕、ドラえも・・・(ガチャン!!・・プープープー)」


切られた・・・・・


あれから本当のお爺ちゃんと話はできたんだろうか。





posted by ぺっくん at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。