2009年10月20日

かぶる。

俺は基本的にファッションやヘアスタイルに無頓着である。

許されるならば一生、ジャージ&帽子だけで過ごしてもいいくらいである。


ただ、そんなファッションに無頓着な俺でもなるべく気をつけていることがある。


それは、


ユ●クロで服は買わないこと。



理由は“かぶる”から。


たしかにユ●クロは、安いわりに種類も豊富だし服は丈夫だし本当にモノはいいと思う。あっちこっちに店舗もあるだけに、そりゃユ●クロで買うわな。

俺も何枚かはユ●クロのTシャツを持ってる。丈夫なだけあって長持ちしてるからついつい着てしまう。



こないだも、信号待ちをしていたら道路を挟んだ俺の正面に中年のオッサンが立っている。おっさんのファッションは



半パンにユ●クロの車の絵柄の黄色いTシャツ。



もう、上から下まで完全に俺とかぶっていた。



しかも運悪く背格好から体格まで俺、そっくりだからカブリに拍車をかけている。



道路を挟んで対面で信号待ちをしているものだから当然、お互いの姿を見詰め合って意識しまくっている。



非常に気まずい。


かといって踵を返して道を変えても「かぶってるのが嫌で逃げた」と思われるのも違う。ずっとソワソワしながら信号待ちをしている。

一方のオッサンも俺の方を見ないように上見たり下みたいなんかモジモジしてるし・・・


信号が青になった。



そのかぶってるオッサンとすれ違う。


超気まずい。


俺は右を見て、オッサンは左を見て、お互い意識しまくりでなるべく目を合わせないように、めっちゃ不自然なのだが何とか無事にすれ違った。


信号を渡りきりホッとして後ろを振り返ると、ちょうどオッサンも俺の方に振り返ってて、お互い慌てて目をそらしたりして、なんか思春期の両想い中学生みたいな感じで非常に気持ちの悪いおっさん2人。



これが反対側の信号で良かったものの、もし、同じ場所で並んで信号待ちをしてたとしたら、はた目から見たら








やたら仲のいい中年兄弟って思われてた


背筋が凍る。

短パンに黄色のおそろいTシャツ。

我ながらなんて気持ちの悪い兄弟なんだ・・・・・


もう、こんな想いをするのはコリゴリなんで、できるかぎり人とかぶらない個性的なTシャツを着ることにしよう。


いっそう、自分で作ってやろうかな。
posted by ぺっくん at 02:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

ビデオレンタル屋でクイズ大会

近所のビデオレンタル屋が半額の日なのでDVDを借りに行ったら、店内で大騒ぎしているおっちゃんがいた。


どうやら、このおっちゃんお目当ての映画を見たいらしいのだがタイトルがわからないらしくて、店員を巻き込んで大騒ぎしていたのだ。


とにかく態度と声が大きいおっさんで、見ているだけで気分が悪い。


だけど、若い真面目そうな店員とこのおっちゃんのやり取りが妙に面白くなってきたので、しばらくやりとりを見ていた。


店員A:「あの・・・タイトルがわからなければ、せめて内容だけでも・・」



おっちゃん「ああん?内容?あれや、あの・・・














「めっちゃ強い奴が大暴れする奴や!」


内容、超アバウト。


アクション映画コーナーのほとんどが「めっちゃ強い奴が大暴れする」し。お手上げだ。



しかし、この若い店員は真面目に考える。






店員「ゴジラ?」



プっと噴出しそうになる俺。

たしかにこのおっさんのキーワードにはぴったり当てはまるけどゴジラと来たか。


おっさん「ちゃう、ちゃう、怪獣とかそんなん違うねん!」


店員A:「洋画ですか?」


おっさん:「おう、外人や。」


店員A:「あの、主役の俳優の名前はわかりますか?」



おっさん:「おう、あれや!あの・・・おるがなあいつ









あの金髪のでかい男前や!」



うんざりするほど超アバウト。


洋画には金髪で長身の男前なんてクサルほどいるぞーー!!


店員A「強い奴が大暴れして、金髪の男前ですか・・・うーん」


おっちゃん「情けないやっちゃの・・おい、お前も、ちょっとこっち来い」

もう1人の店員も手招きして呼びやがった。


店員A「金髪の強い男が大暴れする映画ってわかります?」


店員B「ロッキーちゃいますか?」


おっちゃん「ちゃうってロッキーやったら、わしロッキーって言うがな。」

「あと、子どもとか出てくるわ。ほんで子ども守ってその強い奴が悪い奴と闘うねん。」


店員A、店員B、「・・・・・・・」

俺「・・・・・・・・」



もう、クイズみたいになってる。





(!)



おっちゃん「パート3とか4とかあるねん」


店員「ええ・・・シリーズものですか?」



俺(おおっ。ビンゴ!!確かにシリーズもの)



このおっちゃんの超アバウトなキーワードから俺が導き出した映画はこれしかあるまい。


金髪で屈強な強い男が子どもを守るために闘うシリーズ物映画といえば!



51mYfKCc%2B%2BL__SS500_.jpg

ターミネーター!!


その後もおっちゃんが色々アバウトなキーワードを出す。アバウトながら何となくターミネーターのキーワードである。

早く店員気づいてやれよ!


おっちゃん「ほら、有名な音楽もあるやん」



店員、二人の前で映画のBGMらしきものを口ずさむおっちゃん。昔CDショップでタイトルわからん客が定員に歌ってるの目撃したけど、本当にシュールな絵だ。


ただね俺の中では、ターミネータやと思ってるから、有名な例のBGM「ダダダ・ダダダン♪ダダダ・ダダダン♪」がおっさんの口から出ると思ってた。



なのに、







何?そのムード歌謡みたいなの。


おっちゃん「あ、ミスターXかな?頭ツルツルのデブで覆面かぶった泥棒が出てくるわ!」


ターミネーターにミスターXなんて名の禿げた泥棒なんて出ません。


完全に振り出しに戻った。


店員A「すんません!全然わかりません!」


結局、店員がギブアップして、なんの映画かわからないまま、おっちゃんは、意外とあっさり諦めて「ロッキーもええな」ってロッキーの2と4を借りて出て行った。


ああ・・気になって仕方が無い。


1〜4くらいのシリーズ物で金髪の長身で男前の強い男が子どもを守るために悪い奴と戦って大暴れ。ミスターXというハゲでデブの泥棒が出てきてBGMがムード歌謡の洋画。



知ってる人がいれば教えてください。
posted by ぺっくん at 04:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

旅に出た。

先日、一泊二日で丹後松島の間人(たいざ)ってとこに行ってきた。


間人といえば冬になると蟹で有名。
すっごい中途半端な時期ではあるが、釣り好きの俺としては海以外の旅は考えられないので、日本海側で魚影の濃い丹後半島を選んだのである。


ただ、天気予報は二日間とも雨。

最近、会議やら打ち合わせに限って晴天なのはなぜだろうか・・・

仕方が無いのでベタな観光に切り替えた。


一日目。

ぶどう狩り

budou1.gif

受付でハサミとバケツ、虫除けスプレーをもらってほとんど貸切状態でブドウを狩った。

budou2.gif

こんな感じのブドウがたくさん実ってて甘いのなんのって10房くらい食った。しかし、だんだんと飽きてくる。

味に飽きてきたのではなく、狩るのに飽きてきたのだ。

ただ、実っているブドウをハサミでむしり切ってブドウを食うだけの繰り返し。釣り師=ハンターの俺としては退屈でしかたがない。


“狩り”と言うのだから、せめて−





ブドウが逃げてくれればもっと楽しいのに。


あと、のどかな場所にも行ってきた。

nodoka.gif

4万本の色鮮やかなコスモス畑と俺って思いっきりミスマッチだと思うが、「野に咲く〜♪」って裸の大将のBGMさえあれば、まんざら俺もミスマッチでは無いようだ。


ここでは初めて手作りパンとバター作りにチャレンジ。

パン作りって難しいがとっても楽しい。

俺の中では「ドラえもん」パンを作ったつもりだったのだが、焼き上がってみると






pan.gif

古代の部族が呪術か何かに使う仮面のようなパンができてしまった。


形は奇妙でも味はバツグンに美味しかった。手作りパンは今度、家でもやってみたい。


さて、旅の楽しみといえば食い物。

蟹の季節では無いにせよ、魚やエビや豊富な海の幸を堪能。



yuusyoku.gif
(夕食)


tyousyoku.gif
(朝食)


何がすごいって、ここに出てくる魚介類は全部、旅館の素潜り名人である漁師さんが取ってきたもの。

食事中、「失礼します!」ってその漁師さんが部屋にやってきた。かなり年配の方だが、たくましい体に真っ黒に日焼けしていかにも漁師さんらしい。


俺の方を見るなり


「あなたも漁師か何かですか?」


「いや、俺が黒いのは内臓からですわ」


俺の祖母は済州島の尼さんだった。DNAレベルで俺から何か感じるものがあったのか、漁師さんは部屋から出ようとせず延々と話を続ける。

毎日、海に潜っていること、どこに魚が寝ている場所、ご飯は晩御飯しか食べないこと(夢中になってて食事を忘れる)


あげくの果てにその漁師は俺の部屋で柔軟体操を始めだした。しかもタコのように柔らかい。


年齢を聞いてみた、ぶーっと米を噴出しそうになる



88歳。


90歳近い年齢で毎日、深海に素潜り?

森光子と同じ怪物。


70年以上、毎日海に潜ってるそうだ。

腹が減るのも忘れるくらい夢中になって海に潜り続ける。

「だって毎日、海に潜るのが楽しくて仕方がない。何よりお客さんが喜ぶ顔も見たいしね」

90歳近いおじいさんが子どものように無邪気に笑う。

心から長生きして欲しいなって思った。



二日目。

大阪まで帰りがてら天橋立に。ベタな観光でなんだか恥ずかしい。

ここって日本三景だそうである。


ただ、俺的に一番驚いたのは、
hasi1.gif

情緒あふれる昔ながらの橋。




ところが、この橋、川に船が通ると

hasi2.gif

根元のモーターが作動し、平行に回転しだすのだ。船が通るとまたウイーンとモーターが作動し何事もなかったように橋に戻る。



情緒も何も無い、ハイテクな橋。なんか複雑な気分になった。











asaridon.gif

アサリ丼を食った。美味かった。



何で旅行ってこんなに食えるのかって不思議になるほど二日間食った。

心なしか写真を見比べると一日目より二日目の方がぽっちゃりしている。





続いて伊根の舟屋ってとこに行ってきた。


hune1.gif

釣り好きならヨダレが止まらないほどの好釣り場。

晴れてたら間違いなく釣り糸をたらしてたやろうな・・・


伊根町は面白くって家に船のガレージがありそれを舟屋という。

hune2.gif
 
周囲5キロメートルの湾に沿って230軒くらい舟屋があるから壮観だ。


舟屋を見た感想はただただ羨ましい。

ベランダから釣りをするのは俺の長年の夢だったし、朝起きて一階に船なんて夢のような家じゃないか。身をよじりたくなるほど舟屋が欲しい。



ただ、ガレージに入れるのは今のところ


bo-to1.gif

白潮丸しかないのだが。





続いて車を走らせ兵庫県出石町に行ってきた。


mati.gif

伝統や風情のある街並が並びすっごく良いところである。

kuuki2.gif



このような伝統家屋がずらーっと並んでいる。時代劇のセットのような家だが人も住んでいるのだろう。

ただやっぱり伝統を守ると言いながらも古い家屋だろうから、内心はリフォームしたいんやろうなCMの三井ハウスみたいな家を建てたいて思ってるんやろうなって勝手に住んでる人の心を想像してみる。


そんな中、新築の家を発見。






kuuki1.gif
やっぱ空気を読んだ家。




あと出石と言えば出石そば。



soba1.gif

なんと薬味はウズラの卵でなく鶏の卵、それにトロロ芋。理由は知らんが5皿に分けられたそば。



soba3.gif


もう、最高に美味い!


よし!もう一軒だ〜!

はしご酒ならぬはしご蕎麦。


ただ、周辺だけでたくさんの出石そば店がある。片っ端から食っていきたいとこだが「わんこそば大食いチャンピオン」でも無いかぎり難しいだろう。


鶴橋の韓国料理屋も当たり外れがあるように、地元の人が知っている美味しいお店ってあるはずだ。


聞き込み調査として老舗の煎餅やさんで、笑えるくらいの特大チーズおかきを購入し気がいい店主に蕎麦屋の情報を聞いてみる。

ti-zu.gif


「入り組んだ路地に普通の家っぽい蕎麦屋さんがあるからそこに行ってみな」


煎餅屋の主人に言われたとおりに行くと、本当に普通の家のような蕎麦屋さんが現れた。親戚の家に入るように家の中に入る、歴史のあるお店のようだ。かなり期待できる。


soba1.gif

やっぱり卵にトロロ芋。

しかしその味は



大当たり!


蕎麦屋はどこも同じではないことを改めて知った。その後もおかわりして、最初の店とあわせて20皿は食った。これ食ったらコンビニのざるそばは食えなくなるな。




今回は初めて釣りをしない旅行であったが、ベタな観光やグルメもたまにはええもんやと思った。

京都丹後〜兵庫出石コースはマジでお勧めでした。





posted by ぺっくん at 02:10| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。