2009年07月03日

生まれて初めて。

先日、某所で釣りをしていた。

大阪と和歌山の間の海で家族連れの多いファミリー釣り場という感じの場所である。

小さい豆アジが釣れる度に、あっちこっちでテンション上がった大人や子ども達のキターっ!って叫び声。

初夏のファミリー釣り場は世界陸上時の織田裕二がいっぱいなんである。


キター!の声に耳をふさぎながら和歌山に古くから伝わる伝統的な手法である紀州釣りをしていたわけだ。



しかし、これが全然釣れない。


もう帰ろうかと思ったそのとき、浮きがスーっと海面に沈むと、竿を引きずりこまれるような力強いアタリが。


糸が切れないように丁寧に格闘する俺。


ガンガン海中にもぐろうとするこの引きは・・・・噂では聞いたことのある独特の引き。


「ま・・まさかこんなところで??」


俺の足は震えだした。



そして長い格闘のあとプカーっと浮かんだこの魚は












taiami.gif

真鯛!!!!!!



本当にびっくりした。


黒鯛は何度も釣ったが、生まれて初めて天然の真鯛を釣った。


しかもこんな釣れそうにないところで・・・。


網ですくい上げた瞬間、糸がプツリと切れた。


まだまだ元気な真鯛はピチピチ飛び跳ねて海に戻ろうとする。


「逃がしてたまるかっ!」


自分でもびっくりするほどの瞬発力で真鯛を抱きしめた。



俺のその姿や、















ebisu.gif

エビスビールのコレになっていただろう。



家に持って帰って図ると、40cmを超える立派な真鯛であった。


tai.gif

口の中を見ると、俺の他にもいくつかの釣り針が刺さっており、歴戦の勇者を釣り上げてしまったのだ。


勇者に感謝!


sasimi2.gif


頭は塩焼き、骨は味噌汁、皮は湯引きとまさに捨てるとこのない高級魚であった。ありがたくいただきました。


















posted by ぺっくん at 06:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。